スマホ 処分

スマホの処分方法について

スマホ,処分

スマホの処分方法は大きく分けて4つあります。

 

ケータイショップで破砕してもらう
自治体に回収してもらう
スマホ買取業者に買取りしてもらう
オークションやフリマアプリで売る

 

同じスマホの処分方法であっても、「ケータイショップで破砕」と「自治体に回収」はお金にはなりませんが、「スマホ買取業者の買取」と「オークションやフリマアプリ」はお金になる可能性があります。

 

どうせスマホを処分するなら売ってお金になればいいと思う方は多いと思いますが・・・それ以前に、気になるのは個人情報のことだと思います。

 

スマホには連絡先や写真、メールなど多くの個人情報がたくさん詰まっていて、いわばプライバシーの宝庫です。

 

不用意にスマホを処分して、もし悪意ある人の手に渡ってしまえば、中のデータを取り出されて悪用される可能性も無いとは言えません。

 

ですので、スマホを処分するなら一番安心安全な方法の中から選ぶべきです。

 

当サイトでは、スマホの処分方法について上にあげた4つの方法の解説をしています。

 

また、処分先としてスマホ専門買取業者のご紹介もしています。
安心して利用できたと評判の良い業者を厳選していますので、どうぞご参考になさってくださいね。


携帯ショップで破砕してもらう

スマホ,処分

スマホの処分する時に一番シンプルで確実ともいえる方法は、スマホのデータ保存部分を物理的に破壊してしまうことです。

 

自分で破砕処理をすると、場合によってはケガなどをする可能性がありキケンなのでおすすめ出来ませんが、ドコモやソフトバンクなどの携帯ショップでは、携帯電話破砕工具を用いて目の前で破砕処理を実施し、データの取り出しを確実に防いでいます。

※注意※下取りキャンペーンなどで回収されるスマホはデータを消去して、部品を再利用するみたいですので、破砕処理は実施されません

 

ただ、厳密に言えば物理的に壊されたデータ記録媒体からでもデータを読み取る技術があり、物理的な破壊で完全にデータが抹消されるとも言い切れません。
これは基本的に犯罪事件で使われるようなレベルの話なので、一般の人ならそこまで心配いりません。

 

ただしauでは破砕処理についての記述がなく、事前に個人でデータを消去しておく必要があります。

 

あまり知識に自信のない方はドコモショップかソフトバンクショップに持って行くのがいいかもしれませんね。
ドコモ、ソフトバンク共に、メーカーやブランドを問わず無料で受付をしていますので、お近くのショップをご利用されてみてはどうでしょうか。

 

携帯ショップに持って行くのはお金にはなりませんが、それなりに安心で手っ取り早いスマホの処分方法です。

 

 

自治体に回収してもらう

スマホ,処分

 

各自治体では、小型家電回収ボックスでスマホや携帯電話の処分を受付しています。
これに関しては、自分で本体の初期化をしたり、アンドロイドのスマホにはSDカードを差し込める種類もあるので、その際はSDカードのデータも一緒に消去しておく必要があります。

 

しかし、スマホは初期化するだけでは完全にデータが消えるというわけではありません。
あるソフトを使えばどんな電話帳やメール履歴、写真を撮っていたか解析もされてしまいます。

 

更に、GPSの位置情報データを取り出されれば、自宅などの居場所がわかってしまうこともあるようです。
まさに素人が自己判断でデータ処理をするというのは危険と言えます。

 

手間がかかる上に安心安全とは言えない、更に1円にもお金にもならないということを考えれば、スマホを処分する理由としてはあまりおすすめ出来ません。

 

スマホ買取業者に買取りしてもらう

スマホ,処分

4つの方法の中で、一番安全かつお金になるスマホの処分方法はスマホ買取業者に売る方法です。

 

スマホの初期化は行わないといけませんが、あとの高度な個人情報抹消は買取業者がソフトを使って安全に処理してくれます。

 

大手の買取業者では、NATOなど世界レベルの機関が推奨するレベルの抹消ソフトを使っているところもあるぐらいです。

 

なぜここまで買取業者は個人情報の処理に徹底的に気を遣っているのかというと、買取業者は中古スマホを買い取って、そのまま自社で中古として販売するので、トラブルがあれば厄介なことになるからです。

 

スマホの知識に自信の無い方でも、プロに任せれば個人情報のことも気にすることなく手軽にスマホを処分できますよ。

スマホ,処分

 

データ抹消ソフトなら自分で入手してやればいいと思うかもしれませんが、簡単に手に入るようなものは、やはりそれだけ元に戻しやすいです。

 

そのため、なるべく高度なソフトを使う必要がありますが、買取業者で使っているレベルのソフトを個人で使うにはあまりにも高額過ぎます。

 

この高度で安全な情報抹消については、買取業者で処理してもらえますし、さらに売ってお金になるというメリットもあるので、まさに一石二鳥だと思います。

 

ただし、買取店といってもいろいろあるので、お店選びは慎重に行いましょう。
小さな怪しいお店は個人情報の処理の仕方が不透明なところもあるので、出来るだけ大手を選ぶほうが無難であるようです。

 

中には初期化だけの状態で売りに出してしまうような適当な買取店もあるようですので注意しましょう。
大手なら、高度なソフトを使っていることをウリにしているところもあるぐらいなので、安心出来ます。

 

 

オークションやフリマアプリで売る

スマホ,処分

買取店を利用するスマホの処分は安全面には優れていますが、金額だけで見ればオークションやフリマアプリのほうが上、ということもあり得ます。

 

オークションやフリマアプリでは自分で値段を決められるというメリットがあるので、うまくいけば買取店に売るよりも高い金額になることもあります。

 

ただ、個人情報に関するリスクが更に高まることは言うまでもありません。
不特定多数の人にスマホを売るということは、非常に危険なことです。

 

特に売主が女性の場合、それを知った上で落札して個人情報を抜き取られることも現実にあるようです。
洋服やバッグならそこまで気にしなくていいかもしれませんが、スマホはそれ自体が個人情報の宝庫ですので慎重になるべきです。

 

また、オークションやフリマアプリは出品から発送、評価など、とにかくやることが多くて手間がかかるのもネックです。

 

総合的に考えれば、金額的には少し安くなってしまう可能性もあるかもしれませんが、安全性や手軽さを追求すれば買取店に依頼するのが賢いスマホの処分方法だと言えるでしょう。


スマホを売却する時に気をつけること

スマホ,処分

スマホの売却時の注意点をご紹介したいと思いますが、その中でも重要なのは売却先、すなわち買取業者をしっかり選ぶということにあります。

 

スマホの買取を行っている業者は、店舗の他にインターネット中心で展開しているようなところもあったりして、調べれば調べるほど色々出てきます。

 

これだけたくさんの買取業者があると、一体どこを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

 

残念ながらスマホの買取業者は玉石混交で中には悪質なところも紛れ込んでいるということがあるので、騙されないためにも業者選びは慎重に行うということが、スマホの売却時の注意点として大切です。

 

では、信頼できる業者選びの基準とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

チェックしておきたいポイントをいくつかご紹介します。

 

「古物商許可」を受けているかどうか

スマホの売却時の注意点としては、まず違法業者ではないかということについてきちんと確認をしておくことです。

 

中古スマホの買取は「古物商許可」を受けていなくてはなりません。
この許可がない業者は違法となります。

 

許可の有無は、公式サイトなどに「古物商許可番号」が掲載されているかを確認すれば分かります。
その番号が番号が架空だったり、虚偽の数字だったりすることもありますので、この古物商許可番号検索システムで実在する番号かを確認することをおすすめします。

 

スマホ,処分

参考サイト:「古物商許可番号データベース」https://kobutsu-after.com/kobutsu-db/

 

 

手数料が無料である

スマホ,処分

 

悪質な業者は高額査定を謳っておきながら、実際は手数料が高額に設定されていて、結局は買い叩かれてしまうというパターンがよくあります。
特にスマホを郵送して査定をして貰う「宅配買取サービス」では送料とキャンセル時の返送料、振込手数料などに関しても、あらかじめ確認しておく必要があります。

 

おすすめなのは、全ての費用がかからない、つまり完全無料で査定をしてくれる業者です。
無料であれば、査定後、買取価格に納得がいかない場合でも気兼ねなくキャンセルが出来て、無理に手放さなくて済むので安心ですね。

 

なるべく大手の買取店を選ぶ

スマホ,処分

スマホは個人情報の宝庫ですので、下手なところに売るのは危険です。
素性がよく分からない個人店などでは、セキュリティの管理がしっかり行われているのかどうか不明瞭な部分もありますので避けたほうが賢明です。

 

その点、知名度のある大手買取店なら、専門スタッフが高度なソフトを使って個人情報を抹消してくれますし、作業は一人ではなく、数名体制で何十にもチェックをしてくれる業者もあるので、そのようなところを選ぶと安心だと思います。

 

当サイトではスマホの買取を依頼できる専門業者をご紹介しています。
古物商営業許可を受けている安心してご利用になれる会社ですので、ぜひご参考になさってくださいね。


スマホ内のデータについて。処分までに行っておきたい作業とは。

スマホ,処分

スマホの処分前にデータの消去をしておくことは、自分の身を守るためだけではなく、周囲の人に迷惑をかけないためにも必ずやっておかなくてはいけません。

 

もはや、私たち現代人にとって無くてはならない存在となっているスマホ。
電話やメールだけではなくカメラ機能もついていたり、ショッピングが出来たり、お財布代わりにもなったり、1台あれば色々なことが出来るのでとても便利ですよね。

 

ですが言い換えれば、それだけ個人情報がぎっしり詰まっているとも言えます。

 

連絡先や写真、メールだけではなく、インターネットバンキングや通信販売など、金融情報も入力する機会もあるでしょう。

 

機種変などによって不要になったスマホを廃棄したり、売ったりする際に不用意に手放してしまうと、これらの大事な個人情報がそのまま第三者の手にわたってしまう可能性もあるので非常に危険です。

スマホ,処分

 

このような最悪の事態を防ぐためにも、スマホの処分前にデータを消去しておくことはとても重要です。

 

これはどんな処分方法であっても共通しています。

 

たとえばケータイショップに回収してもらう方法でも、スマホの処分前にデータの消去(初期化)はやっておいた方が安心です。

 

ドコモやソフトバンクショップでは目の前で破砕処理をしてくれたり、SDカードなどの記録メディアが残っていないかなどの確認をしてもらえることもありますが、大手のショップなら安心と過信せず、個人的にできることはあらかじめやっておくに越したことはありません。

 

他にも自治体に回収してもらったり、買取店に売る、ネットオークションやフリマアプリに出品するなど、スマホの処分の方法はいくつかありますが、どの方法にも共通していることは

 

スマホの処分前にデータのバックアップはとっておく
初期化をする
SIMカードとSDカードは必ず抜いておく

 

この3点が必須の作業となります。
それぞれについて解説しましね。

 

スマホの処分前にデータのバックアップはとっておく

スマホ,処分

 

まず、スマホの処分前にデータの消去を行う前に、必要なデータは自分でにバックアップをしておく必要があります。

 

古いスマホを処分するとなれば、ほとんどの人が新しい機種に乗り換えをすると思います。

 

その場合、今まで使っていたデータを移行する必要がありますし、また念のためスマホ以外の場所にデータを残しておくと安心です。

 

写真や動画は、普段からこまめにバックアップを取っておくようにするといいと思います。
スマホに残しておいたままでは、すぐに容量がいっぱいになってしまいますからね。

 

ある程度溜まってきたら、メディアに移行するか、パソコンに同期するなどしておきましょう。

 

パソコンがなくても専用アプリを使ってインターネット上のデータ保存スペースである「クラウドストレージ」やSDカードに保存することも可能です。

 

スマホを初期化をする

初期化のやり方はスマホの種類によって異なります。

 

iPhoneなら、デフォルト初期設定を行って暗号化することで、安全に消去が可能となります。

 

アンドロイドはバックアップとリセットという項目を選び、データ初期化を行ってください。
初期化を行う前に、セキュリティー設定から暗号化を手動で選びます。

 

SIMカードとSDカードは必ず抜いておく

スマホ,処分

うっかり忘れがちなのがSIMカードとSDカードです。

 

スマホには電話番号などが記録されたSIMカードと、写真などを記録するSDカードが入っています。
特にSDカードには写真や画像など、保存するほとんどの情報が詰まっていますし、連絡先や通話履歴などがSIMカードに保存されている可能性もあります。

 

せっかくスマホの処分でデータを消去したとしても、これが残ったままでは意味がありません。
情報の漏えいを防ぐためにも、SIMカードとSDカードは忘れずに抜いておきましょう。

 

でも、それだけじゃスマホ内のデータは完全に消去できていません・・・

スマホ,処分

ただし、これだけやっても完全に安心できるとは言えないのです。

 

デバイスに実装された初期化(工場出荷状態に戻す)では、データの管理情報のみが消去されるだけです。
つまり、専用の復元ソフトウェアを使うことで、古いデータが復元されてしまうことがあります。

 

ですので、初期化したからといって大丈夫だと軽い気持ちでインターネットオークションフリマアプリなどで不要になったスマホを出品することは、非常に危険な行為です。

 

その点、スマホの買取店では初期化だけでは消去されないデータでも、専門のスタッフが各国政府機関からの製品認定を受けている高度なソフトを使い、内蔵メモリに残されたユーザの各種利用データを消去し、復元できない状態にまでしてくれます。

 

個人では中々ここまでやることは出来ませんので、スマホの処理でデータが心配ということならば買取店を利用すると安心ですし、お金になる可能性もあるので一石二鳥だと思います。

スマホ,処分

 

ただし、買取店は大手のしっかりしたところを選びましょう

 

素性が良くわからない個人の店などはどうやってデータを消去しているのか不明瞭なところがありますし、中には端末の初期化だけしかしていないというところも多いので、しっかり信頼できる業者を見つけるべきです。

 

ブックオフの中古スマホ買取では、データ消去センターというものが設けられ、ここに全国のブックオフで買い取られた中古スマホや携帯電話電話電話を集め、専門のスタッフが整備にあたっています。

 

端末の検品と作業前にもう1度初期化を行って、そして更に、専用のソフトで官公庁レベルというデータの消去作業を行い、再び初期化して情報が完全に消去されているかを1台1台確認しているという徹底ぶりです。

 

現にブックオフではスマホや携帯電話電話電話の買取を始めてからこれまで一度も個人情報の流出が1回も起きていないとのこと。誰もが安心して利用できそうですよね。


スマホの処分方法のメリット・デメリットまとめ

スマホ,処分

スマホの処分についてさまざまな方法をご紹介していますが、それぞれの方法のメリット・デメリットをみていきましょう。

 

ケータイショップで処分するケース

スマホの処分方法としては最もオーソドックスな方法で、どなたでも簡単にスマホを安心安全に処分することができるというのが一番のメリットです。
主なキャリアでは、メーカーやブランド問わずスマホの処分を受け付けしているので、最寄りのケータイショップに行けば無料で引き取ってくれます。

 

メリット

・docomo shop(ドコモショップ)、SoftBank Shop(ソフトバンクショップ)では希望すれば携帯電話破砕工具(ケータイパンチ、スマホパンチなど)で目の前で破砕処理をしてくれる
・ACアダプタや電池パックなどの付属品もまとめて引き取ってもらえる

 

デメリット

・お金にならない

 

自治体の回収ボックスを利用するケース

スマホ,処分

各自治体では小型家電リサイクル法に基づき、公共施設や家電量販店などに回収ボックスを設置しています。

 

自宅に近い設置場所は「小型家電リサイクル回収ポータブルサイト」http://kogatakaden.env.go.jp/で検索して確認することが出来ます。

 

ちなみに現在、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」と題して、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで使うメダルを、使用済みのスマホ等の小型家電から製作する取り組みがなされています。

 

つまり、不要になったスマホ等はゴミとしてではなく資源として有効活用しましょうということです。

 

公共施設や商業施設にはプロジェクト専用の回収ボックスが用意されていますので、参加してみるのもいいかもしれません。
費用はもちろん無料です。

 

メリット

・基本的にはこの回収ボックスに入れるだけでOKなので、時間をかけずに簡単にスマホを処分することができる
・初期化は自分で行う

 

デメリット

・お金にならない

 

スマホ買取業者に買取りしてもらうケース

スマホ,処分

 

不要になったスマホを処分するだけではなく、少しでもお金にしたいという方には買取店を利用するのがおすすめです。
スマホの処分方法としては、最も安全でお金になる可能性があることが強みです。

 

メリット

・iPhone 5」以降のモデルなどは買取価格が付きやすく、最新の機種であればあるほど高く買取してもらえる可能性がある

 

デメリット

・初期化は自分で行う
・全ての買取店が安心安全な情報の処理を実施しているというわけではなく、お店選びは慎重に行う必要がある

 

オークションやフリマアプリで売るケース

スマホ,処分

 

ヤフオクやMercalli(メルカリ)などで売ることも可能です。
ただ、個人対個人の取引ですので、注意が必要になります。

 

メリット

・スマホの処分方法で最も高額で売れる可能性がある

 

デメリット

・スマホの初期化は自分で行う
・スマホ内の個人情報を復元するソフトもあるので、悪意のある購入者にあたった場合、悪用される懸念もある

 

メリット・デメリットの総括

スマホ,処分

 

以上、各スマホの処分方法についてメリットやデメリットをご紹介してきました。

 

総括すると、安心面ではケータイショップで目の前で破砕処理をしてもらうことが一番確実かもしれません。

 

少しでもお金にするスマホの処分方法としておすすめなのは、買取店を利用する方法です。
特にまだ発売して1〜2年ぐらいの新しいスマホやガラケーは売れば何万円にもなる可能性が高いので、ゴミとして処分してしまうのはあまりにも勿体ないことですよね。

 

買取店では世界レベルの機関が推奨するような高度な個人情報抹消ソフトを使っているところもあるので、そのようなきちんとした業者を選べばスマホやガラケーは安心して売却することが出来ます。

 

また、壊れてしまったスマホもジャンク品として買取強化している業者も少なくないようです。
特に修理事業に特化した業者ではスマホが故障していたとしても自社で修理できたり、分解してパーツを売却しているためジャンク品だとしても問題なく買取して貰えるようです。

 

壊れているから売れないとあきらめてしまう前に、ダメ元で査定を依頼してみてはいかがでしょうか。


携帯電話の処分方法。スマホとの違いってあるの?

スマホ,処分

今はスマホユーザーだけど、以前は携帯電話を使っていたという方も多いかと思います。

 

スマホに乗り換えたら、携帯電話はもう全く使わなくなってしまい、家に眠ったままになっているという声もよく聞きます。
もう使わないのであれば、捨てるなりお金にするなりしてみてはどうでしょうか。

 

今回は、もう使わない携帯電話はどうやって処分すれば良いのか解説したいと思います。

 

基本的にスマホと同じように処分します

スマホ,処分

携帯電話の処分方法も基本的にはスマホと同じです。

 

ここで言う携帯電話とは、ガラパゴスケータイ、いわゆるガラケーのことを指します。
スマホと違ってアプリなどを自分で入れることもないため、そのまま携帯電話を処分してしまっても個人情報の流出の心配が少ないと思われがちです。

 

しかし、日本の携帯電話はメールや通話以外の機能が多々盛り込まれた、世界でも珍しい高性能な機種ばかりです。

 

中にはオサイフケータイや会員証・ポイントカードなどキャリア独自のアプリが入っていることもあるため、実際にはパソコン並みにデータが詰まっていると言ってもいいでしょう。
間違っても、そのまま燃えないゴミとして携帯電話を処分してしまわないよう、ご注意ください。

 

アプリも何も入っていない一見シンプルな携帯電話でも、電話帳や画像など大切なデータはたくさん入っています。
普段通話やメールぐらいしかしないという方も油断せずに、携帯電話を処分する時はスマホ同様、しっかりとデータを消去してから処分する必要があります。

 

電源の入らない携帯電話の処分で気をつけること

スマホ,処分

 

例えば古い携帯電話で電源が入らないとか壊れてしまっているという場合は、自分でデータを削除できなかったりすることもあるかと思います。
このような場合も確実にデータの削除処理をしてくれるところに依頼する必要があります。

 

電源が入らないのだから個人情報が盗まれることはないんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、データを復旧させたり、抜き取るといった方法は残念ながら世の中いくらでも存在しているので、そのまま捨ててしまうのは実に危険なことなのです。

 

自分の身を守るためにも、しっかりと正しい知識をつけた上で、安全な方法で携帯電話を処分していただきたいと思います。

 

確実なのはキャリアショップに持っていくこと

スマホ,処分

 

特に電源が入らなくて壊れてしまった携帯電話を処分したい場合、確実なのはキャリアショップに持って行くことです。

 

docomoやsoftbankでは、破砕機を使って目の前で携帯電話を破壊してくれるため、自分でデータの削除が出来ない状態になっている古い携帯電話でも、個人情報や重要な情報が漏れ出すような心配がなくなります。

 

安全に携帯電話を処分したいという方にとっては一番シンプルで確実な方法だと言えるかもしれません。

 

回収された携帯電話電話は、中に含まれているレアメタル、金やプラチナなどを取り出してリサイクルされますので、環境に優しく社会貢献にもなります。

 

ちなみにdocomoでは「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」というものに参加していて、不要になった携帯電話をはじめとする小型家電の部品からオリンピックメダルを作ろうという取り組みをしています。

 

自分の手放した携帯電話がオリンピックのメダルになるなんて、想像するとちょっとワクワクしますよね。

 

このプロジェクトは、限りある資源を有効活用することで持続可能な社会を目指していこうという目的もありますので、もし興味のあればホームページなどで詳しい情報をチェックしてみてください!

 

不要な携帯電話をお金にする方法はコレ!

スマホ,処分

 

このように、キャリアショップで携帯電話を処分するメリットは色々あるのですが、この方法だと当然1円にもならないのがネックです。
状態が良くてまだまだ使えたり、発売から2年以内くらいの比較的新しい機種なら、買取店に持って行くほうがお得だったりします。

 

携帯電話の場合はスマホに比べると買取可能な機種が限られていたり、買取価格もそこまで期待できるようなものではないかもしれません。
ですが、一度ダメもとで査定を依頼してみても損はありません。

 

査定は無料でやってくれるところが大半です(むしろ料金を取るようなところは悪質な業者である可能性が高いので注意しましょう。)
もし買取価格に納得がいかない場合はキャンセルすればいいので、特にリスクはありません。

 

ただ注意したいのが、宅配買取の場合、キャンセル時の返送料がかかるところもありますので、細かいルールなどは事前にしっかり調べる必要はあります

 

携帯電話の処分で一番心配なデータの消去も、大手の買取店なら専門店ならではの技術を活かして徹底的にやってくれます。

 

あらかじめ自分で初期化などはしておく必要がありますが、分からないことは聞きながらやれますし、その後、お店側で専門スタッフが高度なソフトを使って完全にデータを消去して、何十ものチェックを経てからお店に並ぶシステムになっているので、あまり知識がない方でも安心して携帯電話を処分できると言えます。

 

買取店選びは慎重に!

スマホ,処分

 

ただし、どこの買取店でもこうした安心安全なシステムを採用しているというわけではなく、中にはいい加減な個人情報の取り扱いをしている業者も存在していますので、買取店選びは慎重に行う必要があります。

 

おすすめなのは、どういう方法でデータの削除を行っているのか、どういうソフトを使用しているのか等、ホームページなどに具体的な内容が明記されているところです。

 

実際に店舗がある場合なら行ってみて、色々聞いてみるのもいいと思います。

 

その際、質問に対してどれぐらい詳細に、誠実に答えてくれるかということも一つの判断材料になりますよね。
そこで少しでも不安を感じるようなお店なら、辞めておいたほうがいいかもしれません。

 

実際にその買取店を利用した人の口コミや評判などを参考にすることも有効だと思います。
全てを鵜呑みにする必要はありませんが、火のないところに煙は立たないとも言うので、悪い評判が多いところは避けたほうが賢明です。

 

特に素性が分からない個人店などは悪質なところも多いと聞きますので、なるべく大手で知名度のあるような買取店だと失敗が少ないかもしれません。

 

買取店はたくさんあるので、どこがいいか迷ってしまうと思いますが、信頼できる業者選びの基準というものを他ページでもご紹介していますので、宜しければ参考にしてみてください。